PAPA-paccio life

晩婚パパの育児・アソビ・雑記

}

【頭痛外来】とは?10年以上通院した僕から報告します!

スポンサーリンク

頭痛に苦しむ男性の写真
頭痛に苦しんでいる方も多いと思いますが僕もいわゆる頭痛持ちで、かれこれ15年以上の付き合いです
そして、この頭痛を治療するうえで『何科を受診すればいいの?』と悩んでいる人もいるようです。診察を受けるとすれば脳神経外科や神経内科、頭痛外来、原因がストレスなら心療内科もあてはまります
その中で今回は、僕も通院している【頭痛外来】の診察の様子を書いてみました

どうもこんにちは、タラふく(@makosi7251 )です。僕個人の感想ですが、よかったら参考にしてください

頭痛外来の診察

僕が行っている病院では、頭痛の症状、頻度などについての問診を行いMRI検査もしました。これは命にかかわる頭痛かどうかを判断するために必要です。ぜひ検査しておきましょう

ほかに特徴的なものでは頭痛ダイアリーというものがあります。いつどんなときに頭痛がしたか、薬はきいたのかを記録していくと自分の頭痛の特徴がわかってきます

頭痛ダイアリーについて  日本頭痛学会

頭痛の種類について

まず、自分がどんな頭痛なのか知ることが大事です。(このページは主に一次性頭痛に関して書いています。)

一次性頭痛

いわゆる頭痛持ちのタイプはこちら。僕は片頭痛緊張型頭痛の両方と診断されました

緊張型頭痛

首、肩コリなど筋肉の緊張が原因の場合、精神的緊張からくる場合の頭痛です。僕は30代に頸椎症と診断されたことがあるので、これが一つの原因ではないかと思っています。また仕事のストレスもかなり影響あると感じてます(汗)

片頭痛

片頭痛の発生メカニズムについてはまだ解明されていない部分もあるが、有力な説としては「セロトニン説」と「神経血管説」の2つがある。また、遺伝の要因もあるとも考えられている。

引用元:Wikipedia

群発性頭痛

発症のメカニズムについては未だ明らかにされていない点が多い。お産などよりも痛いとされ、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされ、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれている。 目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥の痛みを自覚するようである。

引用元:Wikipedia

二次性頭痛

くも膜下出血や外傷、脳出血など原因によっては命の危険を伴うものもあり早急な処置が必要な場合もあります。なので自分が一次性頭痛かニ次性頭痛なのかを知ることは、たいへん重要です

頭痛薬の処方

たくさんの薬の写真
自分がどのタイプの頭痛かわかれば、それに対応した薬が処方されます。現在、片頭痛にはトリプタン製剤というものがあって僕にはかなり効果あります。(緊張型頭痛に効果はないようです)

このトリプタン製剤ですが、世間に出始めたときは1錠の値段が¥300ぐらいしていました(保険適用で!)。しかし最近は、ジェネリックもあるようでだいぶ下がってます

副作用に関しては個人差があるようですが、僕の場合は強烈な眠気。これも作用が出るときもあれば出ないときもあります

薬で注意する点では、トリプタン製剤をもらう前は非ステロイド性抗炎症薬をもらっていました。(ロキソ〇ンとか、よくある鎮痛薬)
しかしこの薬の副作用の一つとして胃腸障害があり、僕もこのおかげでNSAID潰瘍になったことがあります

胃カメラ検査で「鎮痛剤飲んでません?」と言われました。すぐわかるんですね!

頭痛予防薬

あまりにも頭痛の頻度が多い場合は、頭痛予防薬というものも処方されます
僕も一時飲んでいたことがあるのですが、デパケンリボトリールの2種類をもらいました

デパケン

適応は、てんかん、躁状態の治療、片頭痛発作の発症抑制である。双極性障害(かつての躁うつ病)の気分安定薬(主に躁エピソードの症状の抑制)としても知られる。

引用元:Wikipedia

リボトリール

ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬、筋弛緩薬である。抗不安作用も有する[1]。日本では1981年より、商品名ランドセン、リボトリールで販売され、適応はてんかんである。

引用元:Wikipedia

どちらも抗てんかん薬としての作用があり、脳の興奮を抑えるのが目的のようです
僕の感想としては、予防の効果はあったように感じます。途中デパケンは血中濃度を測定したり大変だったのでリボトリールだけにしてもらいましたが、それでも頭痛の頻度は少なくなったように感じました 

副作用としては、デパケンは服用期間が少なくて不明ですがリボトリールは強烈な眠気がありました。

同時期に胃のほうで別の病院へ通院していたので、そこの医師に予防薬の話をしたら、「頭痛外来はすごいですね、僕はこんな薬出せないな~。」と言われました

まぁ、それくらいの薬ということなんでしょう(汗)

まとめ

頭痛に苦しむ女性の写真
頭痛歴が長くて頭痛外来も通いましたが、根本的な完治はしておりません
この記事を書いているときも毎日頭痛がしています。(緊張型ですね!)
根本的な完治を目指すなら僕の場合、首の頸椎症か精神的なもの(現在仕事のストレスでやられ気味)ではないかと考えています

今のところ一時性頭痛の完治は難しいですが、緊急性のある二次性頭痛かを判断する為にも早めの診察を!