PAPA-Paccio.com

晩婚♂の暮らしを綴っています

ボードゲーム【Blokus(ブロックス)】年末年始に家族でハマる!

Blokus(ブロックス)の箱の写真

みなさん年末年始はどうお過ごしでしたでしょうか?
わが家は親戚の家へおじゃましたとき、みんなで遊んだボードゲーム【Blokus(ブロックス)】にすっかりハマりました。
今回はそのゲームのことを書いてみます。

ブロックスとは?

Bloukus(ブロックス)の箱の写真

Bloukus(ブロックス)とは?

2000年にフランスで発売されたボードゲームです。自分で決めたピースをボードにたくさん置けた人の勝ち。2019年には【ブロックスグランプリ】も始まりました。

Amazonのボードゲーム部門でたびたび1位になっています。

ブロックスの中身

Bloukus(ブロックス)のボードの写真

ボード

20×20に区切られたボード。
ここにピースをはめていきます。

赤・青・黄・緑のピースの写真

赤・青・黄・緑のピース

1個のピースの大きさの写真

ピースの大きさはこれくらい

ピースの種類の写真

ピースの種類

赤・青・黄・緑、それぞれ21種類のピースがあります。

ブロックスの遊び方

ブロックスは2人~4人で遊べます。

各プレーヤーは好きな色(赤・青・黄・緑)を選び、ボードにピースを順番に置いていき、たくさん置けたプレーヤーの勝ちとなります。

ボードの隅にピースを置く

かどにピースを置いている写真

最初はかどにピースを置いてスタート

最初に置くピースの場所の写真

最初に置くピースの場所

まずじゃんけんで先行を決めて、場所とピースの色を決めてから順番にピースを置いていきます。最初に置くピースは必ずボードの隅のマスに置かなくてはいけません。

ピースの『かど』と『かど』をつなげていく

ピースの『かど』と『かど』をつなげている写真

『かど』と『かど』をつなげていく

ピースの『かど』と『かど』をつなげて置いている写真

ピースの『かど』と『かど』をつなげて置く

2順目からは最初に置いたピースの、どこかの『かど』につながるように置きます。同じ色のピースの辺と辺をくっつけてもいけません。また離れて置くのもNGです。

違う色のピースがくっついている写真

違う色ならくっついてもOK!

違う色のピースなら辺と辺がくっついてもOK!

プレーヤー全員がピースを置けなくなったらゲーム終了

ピースが置けなくなった写真

ピースが置けなくなったらゲーム終了

ピースを置けなくなった人はその時点でおしまい。全員ピースが置けなくなったらゲーム終了です。

ルールはとてもかんたん。

勝敗の決め方

スコアの付け方の写真

スコアの付け方

残ったピースのマス目が、1番少ない人が勝ちになります。

シンプルでわかりやすい。

勝つためのヒント

ゲーム序盤は中央へむかって!

ピースを中央に向かって置いている写真

ピースを中央に向かって置いていく

最初は中央に向かってピースを置きましょう。そうすると左右どちらにもピースを置くことができゲームを有利に進めることが出来ます。

大きいマス目のピースから使う!

大きいピースから置いている写真

大きいピースから

ゲーム前半はマス目の大きいものから置きましょう。終盤になっていくほどピースを置くスペースがなくなっていきます。最初は5マスのピースをどんどん置いていきましょう。

自分の陣地を確保!

ゲーム中盤~後半にあわてずにピースを置ける場所があると、それだけでかなり有利にゲームを進めることが出来ます。

まとめ

やってみるとルールは簡単で、かなり盛り上がりました。
対象年齢7才以上となっているのですが6歳のうちの娘も、

①ピースのかどをつなげる

②大きいピースから使う

③最初は中央へ向かってつなげていく

この3つだけを憶えて、大人にまじって楽しむことが出来たようです。

簡単なルールのブロックスですが、相手の邪魔をしたり、自分の陣地を広げたりとゲームの回数を重ねていくとその奥の深さが分かってきます。

シンプルだけど奥が深い、テリトリー戦略ゲーム【Blokus(ブロックス)】でした。