表皮には塩嚢細胞(えんのうさいぼう)(ブラッダー細胞、英語:Bladder Cell)と呼ばれる体内に侵入した塩類を隔離するための細胞が発達している。