PAPA-paccio’s blog

晩婚パパの育児・アソビ・雑記

f:id:makosi725:20170802221231j:plain

暑い季節にぴったりの本、『怖い絵』とその展覧会があります!

f:id:makosi725:20170627215238j:image

今回は最近読んだ本と、その展覧会が開催されるのでご報告w

展覧会にまったく縁のない僕ですが、これは興味あります!

 

 『怖い絵』とは?

こんな本あるんですね!

この本を知ったキッカケはこちらの方のサイトからでした。

アフリカ在住ブロガーの『ぴかりん(@dujtcr77)』さんのブログです。

この本の事がとても詳しく載っていて、これは読みたい!と思いました。

 

hinemoto1231.com

 

表紙の女性を見た瞬間から、インパクトが凄すぎて頭からはなれませんでした。

なにかを企んだようなあの目・・・。

まぁ、企んでるんですけどね!!(^^;)

 

この本の内容は?

この本は、シリーズ化されているベストセラー。

 著者は作家・独文学者である中野京子さん。

中野京子 - Wikipedia

 

中身の方はというと、16世紀から20世紀の絵画が実はよく見ると『こんな恐ろしいメッセージが隠されている!』というもの。

 

ストレートに『怖いやろ~!』って絵画もあって、それはエグイ・・・です。

また、人を騙す怖さを表現した絵画もありそちらも本当恐い。

昔も今も、そういうトコロは人間一緒なんですね。

 

しかし、僕はその時代の文化に全く縁がなく、その時代特有のカタカナの多さが少しニガテ・・・。

『アルテミジア・ジェンティレスキ』とかなんとか・・・(;´Д`)???

 

それでも、本の中身には凄く引き込まれてしまいました。

怖いもの見たさと、絵画に込められた意味・ストーリーが気になってしょうがない。

そしてこの本を読み終わったとき、僕の絵画に対する見方も変わっていました。

 

「怖い絵」展があります!

www.kowaie.com

 

なんと!、そんな『怖い絵』の展覧会が今年2か所の美術館で開催されます。

 

その名も『怖い絵』展

 

兵庫県立美術館  2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝)

 

上野の森美術館  2017年10月7日(土)~12月17日(日)

 

展覧会ナビゲーター/音声ガイドには、女優の『吉田 羊』さんが担当。

 

チケット当日料金

兵庫県立美術館  一般1400円 大学生1000円 高校生以下 無料

上野の森美術館  一般1600円 大学生・高校生1200円 

         中学生・小学生600円  小学生未満 無料

                                             

※前売り券もあります

 

 

冒頭に紹介させて頂いた『ぴかりん』さんも言ってますが、この本誰かに教えたくなるんですよね。

良い本はみんなそうかも!!(*^_^*)

 

僕も前から記事にしたくて、今回やっと出来てスッキリしました。

みなさんも是非この本を手にとって読んで見て下さい。

そして、『恐い絵展』にも是非足を運んでみて下さい! (^_^;)

 

それではまた、よろしくお願いします

スポンサーリンク
>