読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマイハ氣カラナル

健康・暮らし・音楽・つぶやき・・・ブログ

怒るという事について。

 f:id:makosi725:20161204231848j:plain

 

やってしまいました。1時間程かけて書いた記事を、下書き保存せずに消してしまいました。この時は怒るというかヘッコんだ (+_+)

 

この間の休日に、朝起きてテレビをつけると「ゲンキの時間」という番組がやっていて、内容が「怒り」をテーマで放送されていました。

なんでも、怒りやすい人はそうでない人に比べると心筋梗塞になる確率が約5倍も違うんだとか。自律神経を刺激して血圧が上がり、血管にすごく負担をかけてしまうそうです。

僕も怒りというものが、カラダにかなり悪い影響を及ぼすという事を、自分のカラダ・体験を通して痛いほどわかっていました。今回はそんなハナシをかいてみようと思います。

人はどういった時怒るの?

コアビリーフという言葉があるのですが、それは自分の中の「これはこうあるべき!」といったような信念・価値観。それが受け入れられなかったりすると人はイライラします。

テレビでは人のイライラを見る実験で、10円玉を机の上に何枚も立てるように指示された女性が、仕掛け人の男性に邪魔をされイライラするという実験をやっていました。邪魔をされるたびにイライラ。その内仕掛け人をメッチャ睨んでいました。自分の行動・自由を邪魔されてもイライラしますよね。

カラダに及ぼす影響

僕の場合、怒るような事が起こった時だいたい片頭痛としてカラダに現れ、それは年齢を重ねるにつれ段々症状が重くなっていきました。人によっては違う場所に違う症状が現れるのかもしれません。またその事に気付かないかもしれません。

怒りを減らすその方法とは?

 「自分はとにかく怒りすぎだ、もう怒るのはイヤだ。・・・でもなんでそんなに怒るん?」と自己嫌悪と疑問が。とにかく自分の中から怒るという感情を少しでも減らしたい。それには自分の考え・性格を変えれれば少しは怒らなくなるかもと思いました。

そこで先程の「コアビリーフ」。この歳まで築き上げた信念・価値観はすぐには変わりませんが、今までは怒った事に対して、もっと違う考え方があるんじゃないか?と普段から意識的に考えるようにしました。

具体的に、回りを見渡すとほとんど怒らない人っていませんか?その人をお手本にしたりしましたよ。もちろんネットや本も読んだりしました。そんな人は考え方が柔軟で純粋、なにより自分の気持ちに正直に生きてるように感じました。自分の勝手な解釈かもしれませんが・・・。あと年下の人に多いような気もします(笑)。

お金もあんまりいらないのでかなりオススメなのですが、変わるには結構時間がかかります。コアビリーフについて調べる事は、自分について深く考える事にもなりへこむ事もあります。それは自己肯定感について考える事にも繋がっていきます。

 

makosi.hatenablog.com

  現状は?

かれこれ7・8年くらい?あーだ、こーだと試行錯誤した結果、考え方は・・・

変わりましたよ!

自分でもそう思うし、周りからも言われます。特に同級生から(笑)。昔はしょっちゅうムスッとしてたのになぁ~と。

肝心の頭痛も減らす事が出来たと思います。データーはありませんが、頭痛をコントロールしてる感があります。昔なら、この場面じゃ絶対頭痛になっていたただろうという場面でも意識する事で回避出来るようになりました。

それでも残念ながら片頭痛体質は完全に治っていません。まだまだ改良の余地はありますね。

それでも本当にやってヨカッタ方法です。怒りをがまんするという事ではなく、受け流すというカンジでしょうか。怒りのコントロールはアンガーマネジメントというのですが、これについても機会があれば是非書いてみたいと思います。

頭痛以外に人間関係でお悩みの方にもオススメですよ。

それでは!

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー